犬をしつける際に役立つ豆知識

犬をしつける際に役立つ豆知識記事一覧

犬の本能としては、まず、群れの本能があります。犬は群れを作る生き物なので、孤独や単独行動を嫌います。人間に飼われている犬は、人間の家族を自分の属する群れと捉えています。人間に飼われて成長した犬は、家族という群れの中で、自分の順位を確認し、自分より上だと認めた家族の言うことを聞く習性があります。自分の属する群れの有無は、犬にとって大きな意味があり、飼い犬と野良犬が出会った場合、飼い犬の方が優位に立ち...

犬の習性には色々ありますが、まず、リーダーに服従するということが挙げられます。群れを作って生活するのが犬の習性で、群れの中での順位を決め、自分より強いと認めた相手には絶対に服従するという性質があります。リーダーの存在は犬には絶対で、リーダーの指示に従って行動します。また、犬は自分がどの順位にいるのかを常に確認しながら生活しています。犬を飼う場合、飼い主は必ず犬より上位に立つ必要があり、飼い主に対し...

犬の叱り方で、悪いことをした場合、叩く人がよくいますが、叩かれても犬は反省しません。犬には、いきなり叩かれたという記憶が残るだけで、人間への不信感がつのるだけです。叱るときは、イケナイ、ダメなど、低い声で、はっきりと一度だけ言うのがよく、厳しい言葉で言うのがコツです。直接罰を与えるのではなく、間接的に天罰が下ったと思わせるような叱り方も有効です。散歩中の場合なら、リードを引いて首にショックを与えて...

犬の褒め方ですが、まず、褒め言葉を決め、その褒め言葉が犬にとって、気持ちいい、うれしい、楽しい、ということを関連づけていきます。犬がドッグフードやおやつを食べている時など、犬が嬉しそうにしている時に褒め言葉をかけ、これを繰り返せば、犬は褒め言葉を覚えます。犬がどう感じているかは、その反応を尻尾の動きや、表情など、体全体の動きから読み取ります。褒める時には、声のトーンも大事です。犬は声のトーンに敏感...

ペットの食糞に悩んでいる飼い主が多いと聞きます。食糞は色々と原因があるとされているのですが、もともと犬はオオカミ科です。オオカミは排泄物の中にある栄養をとるために食糞をして生きてきましたから、これを犬がするというのも習性の一つと考えてもいいと思います。特に赤ちゃんの時期に見られますが、大人の犬になれば食糞をすることはなくなることも多いです。しかし、ずっと老犬になるまで食糞を続ける犬もいるので、その...

犬の威嚇行動とは、相手に自分の優位性をアピールするために唸ったり、吠えたり、噛んだりといった行動のことです。飼い主に対して威嚇行動をするのであれば、これはすぐに正さなければいけません。飼い主が優位であると認識できなければ、ペットとしては失格です。犬が飼い主より下であると認識できないままペットとして飼われていると、自分の中の認識と実際の飼い主の扱いとのギャップにストレスを感じて、威嚇行動を行うように...

アイコンタクトという犬のしつけ方法は上級者向けと思われがちですが、実際はそうではなく、一番最初に覚えさせるべきしつけなんです。では、なぜアイコンタクトによるしつけが必要なのでしょうか?第一には急な対応ができるから、というのがあります。例えば、急に吠えだしたり、走りだしたときにアイコンタクによるしつけができていればそういったときに急激な感情の変化を犬が見せることはほとんどなくなります。次に、犬と飼い...