飛びつきのしつけ方

飛びつきのしつけ方

犬にとって飛びつきという行為は、喜びや友好の感情表現です。
ですが、犬は友好の意思であっても、相手が必ずしも犬に
友好的である訳ではありません。

 

散歩中にだれかれかまわず飛びつくのはもちろんNGですし、
来客があった場合に犬は歓迎のつもりでも客が
犬嫌いでないとも限りません。

 

飼い主が相手であっても、食事の支度をしているときに熱い鍋を持っている、
包丁を持っているなど、飛びつきが危険な場面もあります。

 

ですが、犬には、飛びついていい相手・だめな相手、
飛びついていい場面・だめな場面という判断はできません。

 

友好的に飛びついてくる子犬はかわいいですが、ここは心を鬼にして、
常時飛びつきはNGと一貫したしつけを行うべきです。

 

犬は人間の言葉を、最初の2〜3文字しか聞き取り認識できないと言われています。
犬への号令は必ず一定の言葉で行います。叱る場合は「だめ」と決めたら
それ以外の「やめなさい」などの言葉は使わないようにします。

 

そして、甲高い声でヒステリックに叱るのはNGです。高い声を出すと、
犬は叱られているとわかりません。飼い主が子犬のようなキャンキャンという
かわいい声を出してじゃれついてきているようにしか感じません。

 


【今すぐ愛犬の問題行動を解決したい方へ!】

 

多分、「犬のしつけは難しいし、大変」というイメージを

持っている人もいると思いますが、実際はそんな事はないんです!

 

 

〜テレビチャンピオン子犬しつけ王選手権優勝者が伝授!〜

 

>>遠藤和博の愛犬しつけ法の詳細はこちらをクリック<<

 

落着きのないワンちゃんでもたった2秒でお利口になる秘密の方法を公開中!