伏せのしつけ方

伏せのしつけ方

伏せを教えるには、まずはお座りができていることが前提です。

 

お座りの状態でおやつを目の前に出します。この時、
犬におやつを取られてはいけません。
犬はおやつが気になって仕方がないので、フンフンと匂いをかいだりして
おやつに鼻先を近づけます。その状態になったら、少しずつおやつの
位置を下げていきます。

 

そしたら、犬はつられて鼻先を下げます。お座りのまま首を下げた
状態にならないよう、少しずつ離しながら下に下げます。
そうすることで、自然と前に向かって鼻先を伸ばし、
最後には伏せの状態になります。
そうなる瞬間「伏せ」と号令をかけます。そしておやつを与えます。

 

その姿勢が「伏せ」である事と、「伏せ」に従えばおやつを
もらえるという事を覚えこませます。うまくいかない場合は、
伏せよりも先に他の訓練をしっかりと行うべきでしょう。

 

例えば、おやつを下げていく段階でお座りのまま前にズリズリとにじり寄ってしまって、
首を下げるだけの状態にしかできないのであれば、もっとお座りの訓練をすべきです。

 

おやつを見せた時点で飛び掛ってきたりどうにかおやつを奪おうとするのであれば、
飼い主と犬の主従関係をきっちりと築くところから始めなければいけません。

 

 


【今すぐ愛犬の問題行動を解決したい方へ!】

 

多分、「犬のしつけは難しいし、大変」というイメージを

持っている人もいると思いますが、実際はそんな事はないんです!

 

 

〜テレビチャンピオン子犬しつけ王選手権優勝者が伝授!〜

 

>>遠藤和博の愛犬しつけ法の詳細はこちらをクリック<<

 

落着きのないワンちゃんでもたった2秒でお利口になる秘密の方法を公開中!