食事のしつけ方

食事のしつけ方

犬の食事のしつけは、飼い主をリーダーとわからせるために、とても大切なことです。

 

まず、食事は、時間を決め、毎日必ずその時間帯に、同じ食器で与えるようにすることが大事です。食器を変えたり缶詰のままだったりしないように注意しなければなりません。

 

そして、食事の場所も、毎日同じ場所で与えるようにし、そこが犬の食卓であるようしつけます。もし、食事の時間が飼い主の夕食時と重なる場合は、必ず飼い主が食べ終わってから、犬に食事を与えるようにします。犬の食事を先にしたり、飼い主と一緒に食べさせると、犬が飼い主と同等と思ってしまう恐れがあります。

 

食事を与える時間帯は、毎日決まった時間帯で、飼い主の都合で決めればよいです。散歩の前に食事を与えるようにすれば、散歩するころには、ウンチをするようになります。そうなれば、室内でのウンチが少なくなって、においも少なくなるメリットがあります。

 

また、犬を複数飼っている場合は、先に飼っていた順に食事を与えることで、その際、食事の場所は出来るだけ離しておくことです。そして、食事を与える時は、毎回、お座り待て、などのしつけを忘れないことです。

 


【今すぐ愛犬の問題行動を解決したい方へ!】

 

多分、「犬のしつけは難しいし、大変」というイメージを

持っている人もいると思いますが、実際はそんな事はないんです!

 

 

〜テレビチャンピオン子犬しつけ王選手権優勝者が伝授!〜

 

>>遠藤和博の愛犬しつけ法の詳細はこちらをクリック<<

 

落着きのないワンちゃんでもたった2秒でお利口になる秘密の方法を公開中!