留守番のしつけ方

留守番のしつけ方

ペットに留守番をさせることは極日常でよくあることです。しかし、留守番にもしつけが重要だと考えている人はどうやら少ないようです。

 

もし留守番のしつけがきっちりできていなかった場合、どのようなことが起こりうるでしょうか?訪問客に対して吠えてしまったり、家具や寝具などを荒らしてしまったり、食事を勝手にとったりしてしまうこともあるでしょう。

 

しかし、これらはしつけ次第で改善できるんです。まずはそのシミレーションを何度も行って、正しい行動と間違っている行動を区別させる必要があります。やり方としては、初めに出かけるような仕草を犬に見せてから、犬の視覚の届かない範囲まで移動します。その時、犬が上記した悪い行動をとってしまった場合、叱ります。もし、大人しくその場に居座っていれば、そのときは褒めてご褒美をあげます。これを繰り返していけば、犬は主人がいないときは大人しくしていなければならない、という認識を次第に持つようになります。

 

留守番なんかにしつけは必要ない、と決めつけずに、是非実行してみてください。きっと愛犬の成長が見られると思います。

 


【今すぐ愛犬の問題行動を解決したい方へ!】

 

多分、「犬のしつけは難しいし、大変」というイメージを

持っている人もいると思いますが、実際はそんな事はないんです!

 

 

〜テレビチャンピオン子犬しつけ王選手権優勝者が伝授!〜

 

>>遠藤和博の愛犬しつけ法の詳細はこちらをクリック<<

 

落着きのないワンちゃんでもたった2秒でお利口になる秘密の方法を公開中!