無駄吠えのしつけ方

無駄吠えのしつけ方

無駄吠えのしつけ方ですが、基本的な方法は、犬が吠えてもできるだけ無視することです。

 

ただ、長い時間吠え続けた場合は、コラっと一喝し、低い声で叱ることです。無駄吠えを叱る時は、低い声で、短く、簡潔にするのがコツです。

 

低い声のトーンにするのは、犬の群れを率いるリーダーが子犬に黙れと
注意する合図と似ているからです。

 

人間が誰かに叱る時、普通、大声でガミガミ怒鳴りますが、
そうした叱り方は犬には通じません。犬に対しては、大声で10回怒鳴るより、
低い声で短く叱る方が効果的で、命令をよく聞くんです。

 

また、無駄吠えのしつけでは、他のしつけと同様、褒めることも大事です。
人間は褒められるとやる気が出ますが、それは犬も同様です。

 

褒める時はタイミングも大事で、良いことをした時は当たり前ですが、
悪いことをしなかった時に褒めることも大切です。

 

留守番をさせた時など、おとなしくしていたり、恋しさのための無駄吠えを
我慢して静かだった、などの時は、褒めてやることも忘れないようにしましょう。
無駄吠えは、アメとムチを上手く利用してしつけることがポイントです。

 


【今すぐ愛犬の問題行動を解決したい方へ!】

 

多分、「犬のしつけは難しいし、大変」というイメージを

持っている人もいると思いますが、実際はそんな事はないんです!

 

 

〜テレビチャンピオン子犬しつけ王選手権優勝者が伝授!〜

 

>>遠藤和博の愛犬しつけ法の詳細はこちらをクリック<<

 

落着きのないワンちゃんでもたった2秒でお利口になる秘密の方法を公開中!