子犬のしつけについて

子犬のしつけについて

犬のしつけにおいて、子犬のうちにしっかりと意識させて
おかなければいけないことがあります。

 

それは、飼い主が犬よりも上の存在であるという事です。

 

犬は群れで生活する動物です。頭の中で家族の順位づけを行います。
そこで、犬が一番上になるようではいけません。

 

特に、将来大きくなる犬種ですと、大人になってから深刻な事故に
繋がってしまう場合もあります。
子犬のうちに、家族が上で、
犬は一番したであると、しっかり意識させることが大事です。

 

小さな子供のいる家庭ですと、両親は犬よりも上であっても、
子供は犬よりも下と認識される場合があります。

 

子供に、犬に対して自分は上であると意識させるように
振舞えと言っても限界があります。そこで、親が対応を変える事で
意識させなければなりません。

 

例えば、食事の順番ですが、犬があまりに騒ぐから、
黙らせるために先にえさを与えるなどしてはいけません。
必ず、家族が先にテーブルで食事をします。
犬のえさを出すのは最後にするのです。犬がボスと認める両親が
そのような対応をしているという姿を見せることで、子供は自分よりも
上の存在なのだと気付かせるわけです。

 

 


【今すぐ愛犬の問題行動を解決したい方へ!】

 

多分、「犬のしつけは難しいし、大変」というイメージを

持っている人もいると思いますが、実際はそんな事はないんです!

 

 

〜テレビチャンピオン子犬しつけ王選手権優勝者が伝授!〜

 

>>遠藤和博の愛犬しつけ法の詳細はこちらをクリック<<

 

落着きのないワンちゃんでもたった2秒でお利口になる秘密の方法を公開中!