犬のかかりやすい病気

犬のかかりやすい病気

犬が最もかかりやすい病気は、肥満と虫歯です。これは人間と同じで、日常生活の中で少しでも怠惰にしていることがあるとすぐにかかってしまいます。

 

まず肥満は、運動不足、豊かな食事、エネルギーの取りすぎが原因です。近年、ペットに人間の食事を与える飼い主が増えています。たまにはいいでしょうが、回数が多くなってしまうと、エネルギーを摂取しすぎてしまい、肥満の原因になってしまいます。

 

栄養バランスなどはドッグフードが最も適していて、
そのように製造されているので、大人しくドッグフードを食べさせるのがいいでしょう。

 

運動不足に関してですが、散歩に毎日連れていくことと、適度に運動させることが
非常に重要になってきます。最近は怠惰になってしまって、散歩に連れていかない
飼い主も増えているらしいので是非気を付けてほしいです。

 

次は、虫歯についてです。虫歯になってしまうと、口臭、食欲、内臓などに
影響が出てきます。歯周病に関しては、ハブラシを使わずに、指で歯茎を
マッサージしてあげるだけで予防になります。

 

虫歯予防に関しては、半年に1回くらいのペースで病院で診断してもらうのが
いいでしょう。もちろん、歯ブラシを使って毎日歯を掃除してあげることを
忘れてはいけません。